新規のヒアルロン酸Na誘導体について

㈱樋口商会の渡部と申します。弊社は化粧品原料を取り扱っている商社です。昨年からチェコ共和国のContirproという会社のヒアルロン酸Na誘導体と取り扱っております。以下にご興味があられる方がいらっしゃれば是非、サンプルや技術資料のご依頼を頂ければ幸いです。その他ユニークな製品を複数取り扱っております。お時間あられる時に弊社ウェブサイトをご確認頂ければ幸いです。(HP https://www.higuchi-inc.co.jp/business-products/personal-care/ingredients/)
=製品説明=
本製品は、2019年6月に化粧品表示名称が取れたばかりの新しい製品が複数あります。
全ての製品に豊富なVitroとVivoのデータがあります。

・製品名:HyWhite/αリノレン酸を低分子のヒアルロン酸Naに導入した製品
 化粧品表示名称:ヒアルロン酸Na、リノレン酸
 効果:美白
 製品説明:αリノレン酸は、コウジ酸の10倍チロシナーゼ抑制効果が高いですが、不飽和結合を3つ有しており安定性が悪く、また、皮膚透過性も低いことで知られております。本製品は、αリノレン酸を提示分子ヒアルロン酸Naに導入することにより、HLBが18.5となり水中でミセル様の形態をとる事が特徴です。ミセル様の形態をとることにより、皮膚透過性の向上と化粧品中での安定性の向上を実現しております。
使用感:水溶液はさっぱりした独特な使用感です。

・製品名:Cross Linked HA/中分子量のヒアルロン酸Naを架橋剤で架橋した製品です。
化粧品表示名称:ヒアルロン酸クロスポリマーー3-Na(2019年6月化粧品表示名称を取得)
効果:抗シワ、水溶性ビタミンの徐放効果による有効性の向上
製品説明:国内で流通しているクロスリンクヒアルロン酸とは少し異なります。架橋工程中でヒアルロン酸Naを添加し、ゲルを柔らかくし、ゲル形成後せん断しミクロゲルにし乾燥固化した製品です。(Contipro社の特許製造法です。)
本製品を水に分散させるとミクロゲルが分散した状態になるため、通常のクロスリンクと同等の厚みや保水量を有しておりますが、毛穴やシワに入りやすく肌に塗布後さっとなくなり独特な使用感になります。

・製品名:Tenneliderm/カプロン酸を中分子量のヒアルロン酸Naに導入した製品です。
化粧品表示名称:カプロオイルヒアルロン酸Na (2019年6月化粧品表示名称を取得)
効果:抗炎症作用、バリア機能回復効果
使用感:水溶液は、オイリーでさっぱりした使用感です。

・製品名:Delcore/オレイン酸を低分子量のヒアルロン酸に導入した製品です。
化粧品表示名称:オレオイルヒアルロン酸Na (2019年6月化粧品表示名称を取得)
効果:ポリマーミセルを形成し、有効成分を封入できるため、透過促進効果を得る事が出来ます。
製品説明:本製品は、皮膚だけではなく、爪や髪の毛に関しても透過促進効果を有することが確認されております。
Contipro社では、Delcore単独での供給とQ10封入済みの製品の供給を行っております。
カスタマイズすることも可能です。

=ヒアルロ酸Na、加水分解ヒアルロン酸Na=
分子量違いの製品を4つ販売しております。

以上、ご検討の程、よろしくお願い申し上げます。

樋口商会
渡部 裕記

回答ユーザー:株式会社 樋口商会

この業者に回答する

いつもBentenをご利用頂きありがとうございます。Bentenの管理者です
こちらは質問や仕事依頼の投稿のページになります。
企業様の新商品のPRやイベント等の告知に関しましては、マイページより投稿可能です。
下記にPRの告知方法を掲載していますので、是非ご活用ください
https://app.bentenmarket.com/use/howto_event.html

宜しくお願い致します

回答ユーザー:Benten管理者

回答する

回答には登録が必要です。