業界の人に向けて

セミナー告知、会社PRをして、業界の人に知ってもらおう


イベント、PR告知する

PR

オムニチャネル・OMO 商品・在庫連携機能のポイント

第3回は

顧客は最終的には、ブランドから商品を購入することで、何らかの「ベネフィット」を満たす、実現することになります。
それを実現するために必要な、商品情報と、在庫、そして顧客がどうそれを手に入れるかに必要な

商品・在庫情報統合

についてお伺いしています。

詳細はこちらのYouYubeチャネルをご視聴ください。
https://youtu.be/gOnRXNSvWpE

商品・在庫連携機能のポイント
オムニチャネル・OMOコマース を知るための時間 #3

https://fujilogi.net/blogs/news/fujilogi-news-023

商品と在庫とは
中田様

我々の「Lexica:レキシカ」は技術的には、オブジェクト指向というのを何より優先して設計しています。

そこで「ドメインモデル」を採用しています。

ドメインモデルとは

リアルは在庫管理システム(IMS)
在庫管理システムでの商品はあり、それがSKU。
SKUにその商品の名前が付いていてユニークに管理されています。
原価とか販売価格は通常価格が登録されているかも知れません。

Eコマース(EC)は商品マスター

続きはこちらから
https://fujilogi.net/blogs/news/fujilogi-news-023