連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】  コマースピック掲載

これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大 しかし、大前提として、地域で支持、共感される商品と事業がないと始まりません。地域で成長できない事業(顧客にとっての商品とサービス)が日本全国を対象としたデジタルコマースで成功するのかというと、難しいでしょう。 この記事の目次 1 D2Cブームは去った今がチャンス 2 地域で支持、共感されない商品と事業が、他の地域/チャネルで支持されることはない 3 製造小売企業にとってのオムニチャネルシステムに必要な機能とは マルチチャネル販売・在庫機能 マーケティング&コミュニケーションとの連携機能 レポート分析システムとの連携機能 モバイルアプリとの連携機能 POSとの連携機能 https://www.commercepick.com/archives/44909 東計電算さんにご協力いただきました。 通販に関わる全ての業務を一元管理できる通販管理システム ... e-shop.co.jp https://www.e-shop.co.jp 各種モール、ECサイト、電話・カタログからの受注・出荷・在庫・発送照会など全てを一元管理できます.

[第一回]化粧品OEMにおける容器の調達リードタイムについて解説します(BAY COSMETICS)

こんにちは。BAYCOSMETICSです。化粧品OEMを初めてされる方や、今後商品開発を社内で担当される方に向けて容器のリードタイムがいかに重要かというお話です。 化粧品ブランドを立ち上げる時に、発売日の設定や進行管理をされると思いますが、そのスケジュールに大きく関係するのが「化粧品容器のリードタイム」です。 容器は発注から3カ月~4カ月かかることがほとんどで業界ではこれが当たり前になっています。この原因はなぜか?これは容器の製造行程が複雑で多くの下請け業者がいることで成り立つ仕組みになっているからです。 しかし弊社ではこの仕組みを解決するべく「リードタイム1カ月」という業界では最速の容器製造ができる仕組みを作っています。容器のリードタイムにお悩みの方、今後化粧品を作っていくが何から始めたらいいのかわからない方はぜひご連絡ください。個別にセミナーも開催可能です。 https://baycosme.com/contact

「化粧品事業新規参入セミナー」1月からの開催スケジュールと運用サポート有料会員2024年会員募集

株式会社アイティエム ●「化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー」の2024年1月からの開催スケジュールを公開しました  ●2024年有料サポート会員募集を開始しました 運用サポート有料会員 詳細については 「化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー」開催スケジュールについては https://cosme-license.tokyo/seminar2024/ 2024年有料サポート会員募集については https://cosme-medicaldevice.com/%e6%9c%89%e6%96%99%e4%bc%9a%e5%93%a1/ をご覧ください。

デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大:地域の製造小売業が成長するには?【第3回】 コマースピック掲載

この記事は、デジタルコマース・マーケットプレイスへの拡大について説明しています。 デジタルコマースで顧客と繋がるためには、マーケットプレイスと自社コマースサイトの2つのチャネルを展開することが重要です。 マーケットプレイスで実施するべきポイントとして、商品リストの最適化や広告施策の設計、在庫管理とフルフィルメントなどが挙げられます。また、オフラインでの経験やマルチチャネルの活用、顧客データの重要性なども説明されています。 この記事の目次 1 ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大 2 ①デジタルコマースで顧客と繋がるには、2つのチャネルがある マーケットプレイス+自社コマースサイトを可能なら展開 マーケットプレイスで実施することは自社コマースサイトでも実施 ポイント1:商品リストと最適化 ポイント2:広告施策の設計 ポイント3:在庫管理とフルフィルメント ポイント4:購入後体験とレビューと評価管理 ポイント5:データ分析 ポイント6:競合分析 3 ②オフラインでの経験は、デジタルでも活用できる 4 ③マルチチャネルからクロスユース、オムニチャネルは結果で目的ではない オムニチャネルより顕著な顧客行動はクロスユース 5 ④事業をサポートするための運用デザインとシステム選定のポイント ポイント1:ヘッドレスのフロントサイドは顧客ごとのパーソナライズとセルフポータル機能で選定 重要なのは、それを支える、バックオフィス機能の柔軟性 ポイント2:マーケットプレイスのマルチチャネル業務、注文処理の効率化 ポイント3:販売可能在庫の連携と各場所からの出荷指示作業ができること 店舗と倉庫と工場の在庫と、各マーケットプレイス、自社コマースサイトで活用 ポイント4:マーケットプレイスは顧客データを持てないが、顧客・販売動向は大切な資産 自社オンラインとリアルの販売データとともにしっかりとおさえること ポイント5:CXを実現するためのMA機能には2つの大きな役割がある 役割1:カスタマーサポート機能 役割2:マーケティング&コミュニケーション=カスタマーサクセス支援機能 記事はこちら https://www.commercepick.com/archives/44655 ※本記事は執筆にあたって株式会社東計電算にご協力いただいています。 https://bit.ly/3RnitXc

通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張:地域の製造小売業が成長するには?【第2回】 コマースピック掲載

この記事の目次 https://www.commercepick.com/archives/44290 1 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 2 ①通販(ダイレクトマーケティング・オフライン)はリアル店舗の顧客から ロイヤルカスタマーはダイレクトマーケティングも利用してくれる 3 ②アトリビューションがわかれば、ダイレクトマーケティングが可能 そのためには、SNSを活用する 価値=自分にとってのベネフィット(個人によって千差万別で未来での体験・評価です)を想起していくこと 4 ③通販事業をサポートするための運用デザインとシステム選定のポイント ポイント1:通販業務は、データエントリーと注文処理の正確性と効率化 明確なプロセスドキュメントを更新して、運用すること イレギュラー・トラブルシューティングガイドを、準備拡充すること ポイント2:店舗と倉庫と工場との、在庫確認と各場所からの出荷業務の簡素化と効率化 ポイント3:店舗で、バックオフィスで顧客を知って、見て、対話することができること 顧客情報管理:一番のコア機能でここが「正」 カスタマーサポート::顧客を知るためのハブ機能 データ分析::外部システムを活用して目的を持ってテーマ分析 マーケティング支援::外部システムからの情報を連携して活用 外部連携:通販業務システムにコミュニケーション&マーケティング機能のすべてを求めない 5 次回のコラムについて この記事は、製造小売ビジネスが成長するためのステップ2に焦点を当てています。具体的なステップは以下の3つです:リアル店舗の顧客データを活用して再成長、通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張、デジタルコマース・マーケットプレイスへの拡大。通信販売においては、リアル店舗の顧客を取り込みつつ、アトリビューションを理解し、効果的な運用デザインとシステム選定が必要です。 「ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張」について、説明させていただきました。次回は「ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大」について解説します。 ※本記事は執筆にあたって株式会社東計電算にご協力いただいています。 https://www.toukei.co.jp/

リアル店舗の顧客データを活用して再成長:地域の製造小売業が成長するには?【第1回】 コマースピック掲載

日本の地域の製造小売ビジネスの特徴と課題が述べられています。地域に愛され、知名度を活かして観光客にも支持される一方で、顧客の変化に対応できない課題もあります。成長のためには通信販売やデジタルマーケティングの仕組みを導入し、リアル店舗の顧客データを活用して再成長するステップが必要とされています。これにより、製造小売ビジネスが時代と顧客とともに変化し、持続的な成功を収めることができます。 https://www.commercepick.com/archives/43885 地域の製造小売ビジネスが成長するために必要な3つのステップ そんな、地域の企業からのコマースビジネスのご相談を受けている中で、一番強く感じていて、アドバイスとして強調していることとしては、 商売の仕組みは、通信販売(ダイレクトマーケティング)の仕組みを店舗に応用できることに気づく 通信販売(ダイレクトマーケティング)、デジタルマーケティングで使われているビジネスの仕組みを導入するだけで、会社全体を良くしていくことができる ということです。 これらができるようになるために、次の3つのステップに分けて取り組むといいでしょう。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大

注目の化粧品原料【ヒトサイタイ間葉幹細胞エクソソーム】

コスメトラスト株式会社では、今話題の化粧品原料「ヒトサイタイ間葉幹細胞エクソソーム」を取り扱っております。細胞増殖活性に優れ、細胞老化が少なく、免疫拒絶反応が低い若い幹細胞で、同種治療剤として活用できる長所によって、抗老化・皮膚再生・抗炎効果に優れたエクソソームの生産に積極的に活用されております。 エクソソームとは、タンパク質や核酸、脂質等の成分を内包し、細胞間の情報伝達に関わる物質のことです。近年、新しい情報伝達媒体として注目されています。細胞はエクソソームを取り込むことで、サイトカイン産生や創傷治癒などの効果がもたらされます。 詳細資料・納期・価格など、まずはお気軽にお問合せください。 https://cosmetrust.jp/contact/

化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー20231212onlineー化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点 輸入代行、OEM委託など 関連する法律の理解と実際の業務運用について

無料参加 zoom開催日:12月12日(火)10時00分~11時30分くらい迄 株式会社アイティエム では定期的に化粧品事業新規参入セミナーを開催しております。 化粧品事業新規参入セミナー20231212online として 2023年12月12日(火曜日)10時00分~11時30分くらい迄 zoomを使用して行います。 化粧品事業への新規参入について ― どのように新規参入するか      薬機法(旧薬事法)の参入障壁をクリアする方法      化粧品を輸入し販売したい、OEM製造で自社ブランドの化粧品を販売したい       倉庫業者さんで化粧品物流の上工程に参入したい      そんな事業をお考えの方へ、新規参入の方法、許可の説明~取得 内 容 :      化粧品事業への新規参入方法について      化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点      化粧品に関係する、許可の説明       (化粧品製造販売業、化粧品製造業の違い)      輸入代行と自社で許可を取る場合の違い      OEM製造業者への委託時の注意      化粧品に関係する、許可の取り方      許可申請に必要な添付資料      FD申請とは      手順書について      化粧品製造販売業の実務など      Q&A      個別相談 受講料 :無料   詳細は下記サイトをご覧ください。 https://cosme-license.tokyo/seminar/

ECで返品データを使用して顧客の生涯価値を高める方法

eコマースにおける顧客の価値評価に関する情報を提供しています。主要なポイントは以下です: 1. 顧客の価値を評価するために、返品データを活用できること。 2. 顧客生 涯価値(CLV)を計算し、マーケティング費用の割り当てや再購入キャンペーンの設計に役立つこと。 3. 顧客の予想される金銭的貢献を測定し、新規顧客獲得と維持のバランスを取る重要性。 4. eコマース環境におけるCLVの難しさと、顧客の行動予測に基づく方法。 5. 顧客の再購入を促進するリテンションマーケティングの重要性。 eコマース業界での顧客価値評価の重要性と方法について説明しています。 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-206

返品率を下げる5つのパーソナライズ方法

eコマースセールの成功には顧客の満足度が不可欠であり、商品返品率を下げるためにパーソナライズされたマーケティングを活用する方法が紹介されています。 具体的な方法として、 顧客の属性を理解し、オファーをカスタマイズし、ジオロケーションデータを活用し、顧客の不満に対処することが強調されています。これらのアプローチを通じて、顧客の信頼を築き、商品の返品を減らすことができます。 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-205

「返品可能」なパッケージ とは

「返品可能」なパッケージ とは EC/Eコマースの返品についてです。 返品はオンラインショッピングの一部であり、顧客が商品を簡単に返品・交換できることが期待されています。 返品のタイプには 交換、 保証による返品、 ストアクレジット、 払い戻し などがあります。 返品可能なパッケージの使用は顧客の返品体験を向上し、環境にも優しいです。 このようなパッケージを提供することで、返品プロセスが簡単になり、顧客満足度が高まり、持続可能性も向上します。 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-204 目次 4 つの返品タイプ 1. 交換 バリアント(バリエーション)交換 カタログ交換 2. 保証による返品 延長保証 第三者・サードパーティ保証 アクシデント ダメージ アンド ハンドリング (ADH) プラン 3.ストアクレジット 4. 払い戻し・返金 「簡単な」返品とは 「返品可能」パッケージとは 返品可能なパッケージオプション 返品可能なパッケージを使用する主な理由 1.返品体験から不満を取り除きます 2.より持続可能に 3.リバースロジスティクスコストの削減 全体的な顧客体験 重要な余談:シリアル リターナ シリアルリターナー(連続返品者)とは シリアルリターナーの種類とは ワードロープ Returner 詐欺師:Swindler Returner スイッチ リテーラー クロス リテーラー タグ スイッチング 課題 解決策 1:行動履歴から顧客をウオッチしてアラートを出すこと 2:最初から返品する必要性を軽減するのに役立つサービスや、情報を提供すること 3:買い物客をセグメント化すること

eコマースの商品パーソナライゼーションにおけるAI

人工知能(AI)がeコマース業界に革命をもたらしており、商品のパーソナライズ化だけでなく、多くの分野で変化が見られることを説明しています。 AIを使用したパーソナライズされた顧客体験は、顧客ロイヤルティと売上を増加させており、今後ますます重要になるでしょう。 しかし、データのプライバシー、正確性、倫理的な配慮など、AIを活用する際に注意すべき課題も存在します。 顧客に価値を提供するために、これらの制限を考慮しながらAIを活用する必要があります。 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-280 目次 EC/eコマースにおける商品のパーソナライゼーションとは 顧客がつながりを感じるようにパーソナライゼーションを使用する方法 すべてのチャンネルをパーソナライズする ソーシャル メディア オムニチャネルコミュニケーション 視聴者をセグメント化する 意味のあるランディング ページ、ポップアップ、フォローアップ メールを作成する パーソナライズされたレコメンド事項 チャットボット 商品のカスタマイズ 商品のパーソナライゼーションにおける AI の利点 商品のパーソナライゼーションにおける AI の課題と限界 データのプライバシー 精度の確保 倫理的配慮の重要性 まとめ