クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由

EC(電子商取引)クイズ=日本ではパーソナラズ診断 についての内容です。 ECクイズは顧客エクスペリエンスを向上させ、パーソナライゼーションを強化し、コンバージョンを促進する方法として重要です。 クイズは、顧客の好みやニーズに合わせて商品を提案するためのインタラクティブなアンケートで、コマース企業と顧客の両方に利益をもたらします。 クイズの設計と実装に関しては、以下のステップが示してています: クイズをデザイン、クイズの作成、フロントサイド組み込み、顧客への案内、商品のレコメンデーション提供、Eメール/SNSキャプチャ、クイズ後のエンゲージメント。 ECクイズのメリットには、 パーソナライゼーション、コンバージョン率の向上、詳細な顧客インサイト、顧客エクスペリエンスの向上、返品率の低下が含まれます。 将来の展望として、 AIによるパーソナライゼーションの向上、拡張現実(AR)との統合、データマイニングと分析の改善、オムニチャネルクイズの実装が考えられています。 ECクイズは、ECビジネスの成長に貢献し、顧客エンゲージメントを楽しみながら向上させます。 https://fujilogi.net/blogs/voice/%E5%95%86%E5%93%81%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AF%E3%82%A4%E3%82%BA%E3%81%A7%E5%A3%B2%E4%B8%8A%E3%81%8C%E4%B8%8A%E3%81%8C%E3%82%8B%E7%90%86%E7%94%B1-shopify-plus%E7%B7%A8

商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする

ECサイトにおける商品のレコメンデーションの重要性について説明しています。 実店舗とオンラインストアとの違い、商品レコメンデーションエンジンの役割、評価に基づくレコメンデーション、クロスセル、およびリピート顧客を獲得する方法に焦点を当てています。 商品のレコメンデーションは、ユーザーエクスペリエンス向上、顧客エンゲージメント、収益増加に寄与します。 また、リマーケティングを活用することも強調されています。 商品のレコメンデーションは、オンラインショッピングにおいて重要な役割を果たしています。 https://fujilogi.net/blogs/voice/%E5%95%86%E5%93%81%E3%81%AE%E3%83%AC%E3%82%B3%E3%83%A1%E3%83%B3%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3-%E6%8E%A8%E5%A5%A8-%E3%81%A7clv%E3%82%92%E3%82%A2%E3%83%83%E3%83%97%E3%81%99%E3%82%8B-shopify%E7%B7%A8 目次 商品のレコメンデーション:推奨とは 商品レコメンデーションエンジンの役割 商品レコメンデーションエンジンとは EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験 商品のレコメンデーションのメリット AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15 新規顧客を獲得する方法 売れ筋のおすすめ商品 AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント 評価に基づくレコメンデーション カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント クロスセルのレコメンド事項 顧客のリピートを維持する方法 リマーケティングのレコメンド事項と関連する検索結果 Eメール マーケティング キャンペーンにおけるパーソナライズされたレコメンデーション マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット 顧客データ プラットフォーム CDP とは カートとチェックアウトのレコメンデーション おすすめの商品 「よく一緒に購入される」商品のおすすめ 商品のレコメンデーションがグロースハックに不可欠な理由

Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは

デジタルコマースとパーソナライゼーションについての重要な情報を提供しています。 パーソナライゼーションは 顧客のエクスペリエンス向上に貢献し、統計データからもその効果が示されています。 パーソナライゼーションの設計には、 顧客の目標を理解し、各訪問者に合わせた体験を提供する必要があります。 さらに、 AIと機械学習を活用してリアルタイムのパーソナリゼーションを実現することが可能です。 最終的に、 パーソナリゼーションは顧客のニーズを理解し、適切なテクノロジーと戦略を組み合わせて実現される重要な施策です。 https://fujilogi.net/blogs/voice/e%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9-%E3%83%91%E3%83%BC%E3%82%BD%E3%83%8A%E3%83%A9%E3%82%A4%E3%82%BC%E3%83%BC%E3%82%B7%E3%83%A7%E3%83%B3%E3%81%A8%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify%E7%B7%A8 目次 とてもシンプルです パーソナライゼーションの効果を数字で カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント パーソナライズされたエクスペリエンスのデザイン 商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする [質問 1]: ユーザー エクスペリエンスのどこでパーソナライゼーションを行う必要がありますか [質問 2]: どのような情報が活用されますか マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット [質問 3]: このパーソナライゼーションを作成するためにテクノロジーと人間のインサイトをどのように利用しますか クイズで商品レコメンドして売上が上がる理由 パーソナライゼーションにおける AI AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント パーソナライゼーション技術と施策 [パーソナライゼーション施策 #1]: 視聴者を理解する 商品グリッド EC 商品画像・商品サイズなどを充実させて 売上を増やし、返品を減らす 8 つの購入体験 [パーソナライゼーション施策 #2]: パーソナライズされた検索のための意味的理解 インテリジェントな検索ソリュー

顧客データ プラットフォーム CDP とは

顧客データプラットフォーム(CDP)について説明しています。 CDPは、マーケティングテクノロジーソフトウェアで、顧客データを統合し、パーソナライズされたマーケティングキャンペーンを実行するために使用されます。 CDPの特徴、スキル要件、顧客データの重要性、扱うデータの種類、他のソフトウェアとの比較などが説明されています。 CDPを理解し、ビジネスに適用する際に役立つ情報が含まれています。 https://fujilogi.net/blogs/voice/%E9%A1%A7%E5%AE%A2%E3%83%87%E3%83%BC%E3%82%BF-%E3%83%97%E3%83%A9%E3%83%83%E3%83%88%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify%E7%B7%A8 目次 顧客データ プラットフォームとは 顧客データ プラットフォームを構築方法 CDPの特徴 CDP のスキル要件 顧客データはなぜ重要 Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは CDP はどのような顧客データを扱うか CDP が処理できるデータの種類は 顧客データ プラットフォームは DMP や CRM と何が違うのか CDP 対 DMP 対 CRM CDP + マーケティングオートメーション 主なメリット: マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット 顧客データ プラットフォームのメリット (CDP の主要な使用例)/h2> カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント 1. オンラインからオフラインへの接続 2. 顧客のセグメンテーションとパーソナライゼーション 3. 予測顧客スコアリング 4. スマート行動リターゲティングと類似広告 AI人工知能 を 導入する 4 つのポイント 5. 商品の推奨事項 商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする 6. コンバージョン率の最適化と A/B テスト 7. オムニチャネルの自動化 オムニチャネルコマースとは トレンドガイド 8. Eメール到達性の強化 9. レビューの最適化 CDP はどのようにして顧客の生涯価値を向上させ、顧客ロイヤルティを育成できるのか

AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15

Eコマースの成功において、平均注文額(AOV)の向上が重要であり、AOVを増やす方法について説明されています。 AOVの重要性と計算方法についても触れられています。 AOVを高めるための施策として、 バンドルの提供、無料サンプルの付与、補完的な商品の提案、メールマーケティングでのアップセル、チェックアウトページでの商品提案、顧客ロイヤルティプログラムなどが紹介されています。 AOVの増加は利益と長期的な顧客価値(LTV)向上に寄与します。 AOVを向上させ、LTVにプラスの影響を与える施策とはどんなことでしょうか。 EC:eコマース ストアや小売ビジネスの拡大に関して、意思決定者は通常、「顧客の獲得=新規」に注目します。そしてそれについて考えてみると、 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-296 目次 顧客の獲得こそEコマースの基盤だ:完全に理にかなっています カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント オムニチャネルおよび ECにおける AOV とは AOV の重要性とは 予習:AOVの計算方法 AOVを高めるTips 13 1. バンドルを作成して、ナビゲーション バーで訴求 2.顧客がバンドルを購入した場合、無料サンプルを追加 3. 大きなバンドルを 単一 SKU ブランドの場合はどうなるでしょうか。 4. 比較表で、商品をバージョンをアップセルします 5. 商品ページに商品提案ブロックを表示してCVアップ 商品のレコメンデーション(推奨)でCLVをアップする 6. 金額と、割引アップ、ギフト、送料無料の基準をオファー 送料無料は 7. 顧客タグに基づいてメールマーケティングでアップセル 問題としては、メールのアップセルには正しい方法と間違った方法があるということです。 マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット 8. トランザクションメールで商品を紹介する 9. チェックアウトページで補完的な商品を紹介する Shopify の 1 ページ チェックアウトも同様です。 チェックアウトに関しては、速ければ速いほど良い 11. 顧客ロイヤルティ プログラム Think It 顧客に戻って考えてみましょう。 オムニチャネルコマースとは トレンドガイド 11. 大量注文で割引 まとめ買いするときに割引を提供すると 12. サブスクリプションでのアップセルとクロスセル クロスセルの場合も同様です。 13. 体験をゲーミフィケーションする 14. モバイルアプリのエクスペリエンス 15. Unboxingとインサート AOV アップのベスト プラクティス 提供しているものが実際に関連性があること ツールを統合する 顧客データ プラットフォーム CDP とは アップセル/クロスセルのために顧客をセグメント化する Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは 社会的証明を追加して説得力を高める ソーシャル メディア チャネルは社会的証明としても機能します。 オファーに緊急性を加える なぜ私たちは切迫感があるといつも急いで物を買うのでしょうか 大幅な値引きは避ける 理論的には正しいのですが、逆効果 セッションあたりの収益の計算を検討する まとめ

カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント

EC(eコマース)ビジネスにおいて顧客エクスペリエンスの重要性について述べています。 顧客エクスペリエンスは競争力を高め、ビジネス成長を促進するために不可欠で、顧客の期待に応える必要があります。 特にウェブサイトやオンラインストアにおいて、インテリジェントな検索やパーソナライズされたエクスペリエンスの提供が重要です。パーソナライゼーションを強化するために人工知能(AI)テクノロジーが役立つと述べられています。顧客エクスペリエンスの向上は、今後のビジネス成長に不可欠であると強調されています。 https://fujilogi.net/blogs/voice/%E3%82%AB%E3%82%B9%E3%82%BF%E3%83%9E%E3%83%BC-%E3%82%A8%E3%82%AF%E3%82%B9%E3%83%9A%E3%83%AA%E3%82%A8%E3%83%B3%E3%82%B9-cx%E3%82%92%E4%BD%9C%E6%88%90%E3%81%99%E3%82%8B%E3%83%9D%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%83%88-shopify-%E7%B7%A8 目次 カスタマーエクスペリエンスマネジメントとは カスタマー エクスペリエンスが重要な理由 顧客はブランドに最高のエクスペリエンスを期待しています ウェブサイトとオンライン ストア E コマースのカスタマー エクスペリエンスを向上させる 5 つの方法 インテリジェントな検索 パーソナライズされたエクスペリエンス モバイルの役割 豊富なコンテンツと情報 柔軟な購入および配送オプション カスタマー エクスペリエンスを分析して向上させるポイント データと洞察 A/B テスト 顧客満足度 まとめ EC/オムニチャネルコマースをグロースハック コンテンツ 購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン

ソーシャルメディア、画像から動画へ マルチチャネル・オムニチャネル時代の顧客購買行動を理解する

ソーシャルメディアの重要性や、画像と動画のトレンドについて話しています。特に、インスタグラムなどのSNSプラットフォームでのブランド戦略が重要であり、写真や動画を効果的に使用する方法についても触れています。また、オムニチャネル時代の顧客購買行動や、unisizeサービスによるクロスユース率の向上、商品の正しい伝え方による返品削減についても言及しています。 簡単に言えば、このコンテンツはソーシャルメディア戦略、動画の活用、オムニチャネル戦略、unisizeサービス、顧客体験の重要性について述べています。 本文はこちら https://fujilogi.net/blogs/news/fujilogi-news-026 YouTubeはこちら https://youtu.be/vmx_oUybJ_s

アパレル 顧客体験 マルチチャネルからオムニチャネルまで unisizeが顧客視点で解決していること

アパレル業界でのサイズガイドの重要性やunisizeサービスについて話しています。 unisizeサービスは、顧客に適切なサイズを提案し、顧客の購買体験を向上させる役割を果たしています。特に小規模のブランドやECサイトにとって、unisizeサービスはコスト削減や売り上げ向上に貢献しています。 また、商品写真の撮影については、自社サイトとマーケットプレイスの違いや規約に注意が必要であり、オムニチャネル時代における顧客の購買行動を理解し、顧客体験を向上させる重要性について語られています。 本文は https://fujilogi.net/blogs/news/omni-omo-tv-027 インタビュー動画はこちら https://youtu.be/M7wXg87TPkU

DNVB グロースハックの秘訣 あなたの商品を輝かせるポイント AirPhoto スタイル診断サービス

このコンテンツは、Eコマースにおける商品画像の重要性についての議論とアドバイスが含まれています。 コスメ・アパレル・ファッションなどの商品画像が、ブランドのスタイルと価値観を伝えるのに重要であり、商品写真は顧客の購買行動に影響を与えると理由と活用ポイントについて解説しています。 さらに、アパレル商品のサイズ感を正確に伝えるテクニックについても話題となり、商品写真はECサイトでの成功に大きな影響を与えることが指摘されています。 対談本文 https://fujilogi.net/blogs/news/omni-omo-tv-026 YouTube https://youtu.be/CfMEJgIL5ac DNVBグロースハックの秘訣 その1 ビジュアル戦略 顧客購買行動からみて、商品画像の大切さと、その撮影ポイントについて、AirPhoto 坂田 社長からお伺いしています。 DNVB ブランドが商品画像を戦略的に活用する方法について 商品画像を通じてブランドのスタイルと価値観を伝える重要性を説明しています。 トップページ、商品詳細、自社サイト・マーケットプレイス、SNS写真と動画の違いとポイントを、顧客にブランドの世界観と、商品の印象を正しく伝える方法をお伺いしています。 商品画像がブランドの一貫性と商品の魅力をどのように表現できるかについても議論しています。 パネリスト紹介 株式会社AirPhoto CEO 坂田 裕希 様 東京大学法学部卒業。三菱商事株式会社勤務を経て、2016年より光触媒技術のブランドHUGFAM(ハグファム)/SUTTO(スット)を展開し、2021年8月に両ブランドをバイアウト。その経験を活かし、EC事業者の円滑な事業展開をサポートしたいという想いから、AirPhotoを立ち上げ。 ■ 日本初『スタイリング診断』について ブランドイメージに関する質問に答えていただくことで、最適なスタイリングを提案する、日本初「スタイリング診断」で撮影アイデアをレコメンドいたします。 スタイリング写真とは? 『スタイリング写真』とは、ブランドイメージや使用イメージを効果的に伝えるための写真で、『イメージ写真』とも呼ばれます。 AirPhotoでは、以下の写真を『スタイリング写真』と呼んでいます。 スタジオ又はお客様ご指定の小物を1つ以上用いて撮影する写真 白以外の背景(カラー背景紙、ハウススタジオ等)を用いて撮影する写真 お客様の商品を3個以上レイアウトした写真 商品を浮かせたり吊り下げたりして撮影する写真 スタイリング料金が発生する場合としない場合の詳細については、 FAQ をご参照ください。 AirPhotoにお問い合わせ https://airphoto.jp/contact/?utm_source=fujilogi&utm_medium=blog

オムニチャネルコマースとは トレンドガイド Shopify Plusで 構築するメリットとは

「オムニチャネルコマース」について説明しています。 オムニチャネルコマースは、複数の販売チャネルを統合し、顧客に一貫したエクスペリエンスを提供するアプローチです。 それによって、顧客エクスペリエンスが向上し、売上とトラフィックが増加し、顧客のロイヤルティが向上すると述べられています。 また、データ収集の向上によってパーソナライゼーションが可能になり、顧客に適切な情報や提案を提供できると説明されています。 オムニチャネルコマースは、 シングルチャネル(1つの販売チャネル)、マルチチャネル(複数の販売チャネル)、オムニチャネル(すべてのチャネルが連携)という違いがあり、オムニチャネルはすべてのチャネルが連携する点で異なります。 最後に、オムニチャネル施策を実施するためのステップや必要なことが紹介されています。 https://fujilogi.net/blogs/voice/%E3%82%AA%E3%83%A0%E3%83%8B%E3%83%81%E3%83%A3%E3%83%8D%E3%83%AB%E3%82%B3%E3%83%9E%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%81%A8%E3%81%AF-shopify-plus-%E3%81%A7%E3%81%AE%E3%83%A1%E3%83%AA%E3%83%83%E3%83%88%E3%81%A8%E3%83%88%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%89%E3%82%AC%E3%82%A4%E3%83%89 目次 オムニチャネルとは オムニチャネルとマルチチャネルの違いとは オムニチャネルコマースのメリット オムニチャネル コマースのメリット #1 : 顧客エクスペリエンスの向上 カスタマー エクスペリエンス:CXを作成するポイント オムニチャネル コマースのメリット #2 : 売上とトラフィックの増加 AOV+CLVを向上させるグロースハック術 15 オムニチャネル コマースのメリット #3 : 顧客ロイヤルティの向上 顧客データ プラットフォーム CDP とは オムニチャネルコマースでのパーソナライゼーション Eコマース パーソナライゼーションとメリットとは 顧客にとって優れたオムニチャネルとは オムニチャネル施策の構築 まとめ:オムニチャネル コマースに必要なこと よくある質問 シングルチャネル、マルチチャネル、オムニチャネルコマースの違いはなんですか マーケティングオートメーション ECとオムニチャネルでのメリット EC/オムニチャネルコマースをグロースハック コンテンツ 購入後体験(ポストパーチェス)でCX(顧客体験)をアップデザイン オムニチャネル マーケティング コンテンツリスト

ECのキラーコンテンツ 配達予定日Estimated Delivery Dates でAOVを上げる

電子商取引(EC)における配送予定日の提供のメリットについて説明されています。 ユーザーは商品の到着日程や配達日・時間・場所に関心を持っていることはAmazonの体験からも明白です。 これがユーザーエクスペリエンスに影響を与えます。 配送オプションを提供するために、小売業者は自社のロジックを構築したり、アプリを使用したりすることができます。 さらに、店舗受け取りや追跡情報の提供など、顧客の利便性向上に取り組むことが重要です。 イントロダクション 発送に関して、ユーザー(買い物顧客)が本当に気にしているのは「発送スピード」ではなく、「注文した商品はいつ届くかです」などの配達日・時間・場所であることが調査でも、AmazonのUIでもわかっています。 EC:eコマース:電子商取引サイトでは、「2~3営業日でお届け」または「翌日配送」などの配送オプションが提供されています。そのために「午後 5 時までの注文」などの締め切り時間が設けられています。 これで、顧客は、 a.) 3 ~ 6 日先の日付 b.) 納期に影響する週末があるかどうか c.) 祝日は d.) 注文がカットされるか(注文が完了したにもかかわらず、決済などの未承認や、システム上のブラックリストや日本ではありえないですが、在庫不足などの理由により、注文がキャンセルされること) どうかを把握する必要があるため、 顧客にとって悪いユーザー エクスペリエンスが生じます。 オフタイム(オフタイムとは、24時間いつでも注文が可能なこと)であることとの体験ラグになります。 e.) 注文の出荷・発送が遅れる倉庫のピークタイムかどうか。 https://fujilogi.net/blogs/voice/post-purchase-013_improve-aov-with-estimated-delivery-dates-shopify

【無料】11/21(火)【新原料】麹菌抽出原液 『肌麹水』と化粧品OEMのご紹介

11月21日(火曜日)に、優れた発酵技術で多数のオリジナル原料を開発している株式会社東洋発酵とBenetnの共催で、特別なオンラインセミナーへのご招待を申し上げます。 今回のセミナーでは、東洋発酵様が化粧品の概念を変える、新時代の原料、「肌代謝を整える麹抽出原液」をご紹介させていただきます。  <肌麹水原料の特徴と効果> 1.水代替可能なメリットがあります 肌麹水は、化粧品のベース部分となる水の代わりに使用することができます。美容効果の高い肌麹水を高配合することで、高付加価値の商品開発が可能です。 2. 麹菌の高い栄養素と肌への有用性 肌麹水には肌に有益な栄養素が豊富に含まれています。 水溶性ビタミン、有機酸、アミノ酸など、その数なんと200種類以上もの含有が確認されています。 3. ターンオーバーの正常化 肌麹水はターンオーバーを正常化し、肌の代謝を整える原料です。 ターンオーバーを整えることで、肌の生まれ変わりをサポートします。 4. 色素沈着の改善 ~ヒト試験データ~ 肌麹水には、ターンオーバーを正常化するエビデンスがいくつか確認されています。 色素沈着を改善するヒト試験データについてご紹介します。 <こんな方にお勧めです> ○肌代謝にアプローチする化粧品を開発したい ○高配合コスメ・天然由来100%コスメなどにご興味がある ○肌や環境に優しい商品を作りたい ○高付加価値ある化粧品をお考えの方 ○お持ちのブランドよりも効果を高めた製品でリニューアルしたい 《開催概要》 【テーマ】 :【新原料】麹菌抽出原液 『肌麹水』と化粧品OEMのご紹介 【開催日時】:2023年11月21日(火)14:00〜14:45 【申込締切】:2023年11月21日(火)12:00 【登壇者】 :株式会社東洋発酵 川瀬(営業)、霜鳥(研究)、安部(開発) 【開催方法】:オンラインセミナー (Google Meet Live Streaming 限定公開) 【参加費】 :無 料 *一般の方のご参加はご遠慮ください ご興味のある方はぜひご参加ください 参加はこちらから :https://ingrebank.com/users/seminars/43 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。