美容ブランドが AI や AR などのテクノロジーを利用している 3 つの方法

美容ブランドは、AI やARなどのテクノロジーを活用して、顧客に向けた革新的な体験を提供しています。以下に、美容ブランドがこれらのテクノロジーをどのように活用しているかをご紹介します。 生成AIによるパーソナライゼーション: 生成AIは、ブランドが顧客データを分析し、カスタマイズされた商品を作成するのに役立ちます。美容業界では、顧客の肌質や好みに合わせてスキンケア製品を提供するために生成AIを活用しています。例えば、Proseはユーザーの洞察と独自のアルゴリズムを組み合わせて、超パーソナライズされたスキンケアフォーミュラを作成しています。 仮想試着ソリューションによるデジタル体験: AR技術を使用した仮想試着ソリューションは、顧客が商品を購入前に試着できるようにします。SupergoopやOPIなどの美容ブランドは、Snapと提携して新製品の試着レンズを展開しています。この技術は、購買意欲を高めるだけでなく、ブランドの認知度を向上させ、顧客との親近感を深める効果もあります。 アプリを活用したロイヤルティの向上: 美容ブランドのアプリは、顧客にロイヤルティポイントや割引を提供するだけでなく、独自のコンテンツやサービスで顧客を引き付ける手段として活用されています。Charlotte Tilburyは、パーソナライズされた推奨事項や限定商品の早期アクセスなどを提供し、顧客のロイヤルティを超えたエクスペリエンスを提供しています。 これらのテクノロジーは、美容ブランドが顧客に向けた個別のエクスペリエンスを提供するための重要なツールとなっています。今後、さらなる進化が期待されています。 目次 基本的な定義 1. パーソナライゼーションのための生成 AI 2. 物理的な試着とデジタルのギャップを埋める仮想試着 3. ロイヤルティを超えたアプリ まとめ よくある質問 商品のアイデア、研究、開発のための AI 創造的なプロセスと開発のための AI 顧客体験を向上させるAI https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-298_beauty-brand-ai-ar-technology

化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー20240520onlineー化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点 輸入代行、OEM委託など 関連する法律の理解と実際の業務運用について

無料参加 zoom開催日:5月20日(月)10時00分~11時30分くらい迄 株式会社アイティエム では定期的に化粧品事業新規参入セミナーを開催しております。 化粧品事業新規参入セミナー20240520online として 2024年5月20日(月曜日)10時00分~11時30分くらい迄 zoomを使用して行います。 化粧品事業への新規参入について ― どのように新規参入するか      薬機法(旧薬事法)の参入障壁をクリアする方法      化粧品を輸入し販売したい、OEM製造で自社ブランドの化粧品を販売したい       倉庫業者さんで化粧品物流の上工程に参入したい      そんな事業をお考えの方へ、新規参入の方法、許可の説明~取得 内 容 :      化粧品事業への新規参入方法について      化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点      化粧品に関係する、許可の説明       (化粧品製造販売業、化粧品製造業の違い)      輸入代行と自社で許可を取る場合の違い      OEM製造業者への委託時の注意      化粧品に関係する、許可の取り方      許可申請に必要な添付資料      FD申請とは      手順書について      化粧品製造販売業の実務など      Q&A      個別相談 受講料 :無料   詳細は下記サイトをご覧ください。 https://cosme-license.tokyo/seminar/

【6/6(木)開催】化粧品広告 実践編セミナー

行政の動向だけでなく、 トレンドも追っていかないといけないのが広告業界。 情報をキャッチできていないと、 ルールに対応できないばかりか 広告の訴求力にも影響してきます。 そこで今回の「化粧品広告 実践編」では、 話題のトピックスを取り上げながら、 最新の温度感で広告表現のテクニックを解説します。 【セミナー内容】 「化粧品広告 実践編」 話題のトピックスから学ぶ! ルールを守り表現に磨きをかけるテクニックを徹底解説 第1章 注目のトピックスを紐解き、広告表現の“温度感”を掴む 1.UV系商品 2.ダーマコスメ/ドクターズコスメ 3.リフトアップ化粧品  4.エイジングケア化粧品 5.ヘアケア 6.ステマ規制 7.「No.1」表示 第2章 これってどうなの?広告担当者のよくある疑問をスッキリ解決 1.美容機器、雑貨 2.エステサロン 3.美容雑貨と化粧品のセット 4.販売名称と愛称 5.動画広告 6.SNS広告    ※セミナーの目次・内容には変更が発生する場合がございます。  あらかじめご了承くださいませ。 【セミナー概要】 配信日時:2024年6月6日(木) 14:00~16:00 受講料 :【一般価格】12,000円(税込)      ※薬事法広告研究所のコンサルティングご契約者様は50%OFF 申込期限:2024年6月5日(水) 18:00まで アーカイブ配信期間:2024年6月7日(金)~2024年7月8日(月) 講師  :薬事法広告研究所 代表      稲留 万希子 主催  :薬事法広告研究所      (運営 DCアーキテクト株式会社) 【お申し込み・詳細はこちら】 https://bit.ly/3WB2dpL

魅力的な顧客体験を生み出すためのWebサイトコンテンツのパーソナライゼーションの7つの効果的な方法

Webサイトのコンテンツをパーソナライズすることは、顧客エクスペリエンスを向上させ、コンバージョンを促進する非常に効果的な方法です。以下に、魅力的な顧客体験を生み出すためのWebサイトコンテンツのパーソナライゼーションに関する7つの効果的な方法を紹介します。: セグメンテーションから始める: コンテンツのパーソナライゼーションを効果的に行うための最初のステップは、顧客を知ることです。顧客の行動データ、地理情報、人口統計データ、心理学的データなどを活用して、ターゲットユーザーの心に響くメッセージを判断することが重要です。 見出しのパーソナライゼーション: ランディングページは顧客がWebサイトに対して抱く第一印象であり、ランディングページの要素をパーソナライズすることで、ユニークで魅力的なエクスペリエンスを提供できます。 CTA(Call to Action)のパーソナライゼーション: コンテンツ内のCTAを顧客のニーズに合わせて調整することで、エンゲージメントとコンバージョンを促進できます。 ビジュアルのカスタマイズ: 画像やビデオのパーソナライズは、視覚的なインパクトを高め、顧客の興味を引き付ける効果的な方法です。 ブログ投稿のパーソナライゼーション: ブログ記事を訪問者の興味や行動に合わせてカスタマイズすることで、読者のエンゲージメントを高めることができます。 商品レコメンデーションの最適化: 顧客の過去の購買履歴や閲覧履歴に基づいて、関連する商品を提案することで、コンバージョン率を向上させることができます。 パーソナライズされたユーザーエクスペリエンスの追求: Webサイトのパーソナライゼーションは、各訪問者に特定の顧客エクスペリエンスを提供することで、成功企業が達成している信頼、顧客ロイヤルティ、収益の向上を実現します。 これらの方法を活用して、Webサイトのコンテンツをパーソナライズし、顧客に魅力的なエクスペリエンスを提供しましょう。 目次 パーソナライゼーションはセグメンテーションから始まります Web サイトのコンテンツをパーソナライズする 7 つの効果的な方法 (Web) コンテンツのパーソナライゼーションとは 1. 目立つのに役立ちます 2. エンゲージメントとコンバージョンを促進します 3. 全体的なユーザーエクスペリエンスが向上します 1. 見出しのパーソナライゼーション 2. CTA (Call to Action) のパーソナライゼーション 3. ヒーローイメージのパーソナライゼーション 4. ブログ投稿のパーソナライズ 5. ナビゲーション/メニューのパーソナライゼーション 6. 社会的証明のパーソナライゼーション 7. 商品または機能のパーソナライゼーション ウェブサイトをよりパーソナルにして、魅力的な顧客エクスペリエンスを作成する https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_effective-ways-of-website-content-personalization

ロイヤルティ マーケティング オートメーション

ロイヤルティ プログラムは、コマースストアのリピーター顧客を増やし、リピート購入を促進するために設計されています。ブランドのロイヤルティを構築する優れた方法として認知されていますが、プログラム単独ではその目的を完全に達成できません。ロイヤルティ プログラムを強化するために、他のリテンション マーケティング &コミュニケーションチャネル(EメールやLINEなど)を活用し、その可能性を最大限に引き出す必要があります。 以下は、ロイヤルティ プログラムを強化するためのいくつかのアプローチです: ロイヤルティEメール キャンペーンとLINE マーケティング: ロイヤルティ プログラムの参加者にEメールとLINEリストを購読するインセンティブを提供しましょう。これにより、参加者と直接的でパーソナライズされたコミュニケーションチャネルを確立できます。例えば、ウェブサイト上のポップアップ、オプトイン ランディング ページ、特典ページを通じてEメールかLINE登録を促進することがあります。 ロイヤルティ プログラムにサインアップしているユーザーに対しては、繰り返しの中でリマインダーを送信し、既にサインアップしているユーザーを除外することを忘れないでください。 プロモーションキャンペーン: ポイントを2倍に配布したり、リファラル・紹介などの多くのポイントを獲得できるアクションを人々に思い出させましょう。これにより、売上を伸ばすことができます。 ロイヤルティ特典をCXフローに組み込む: 購入後のフローで、紹介特典キャンペーンやレビューキャンペーンについてコミュニケーションすることをお勧めします。満足した顧客は、友人を紹介したり、交換用の追加ポイントを得るためにレビューを残したりすることを促して、口コミによるプロモーションを得ることができます。 ロイヤルティ固有のフロー: ロイヤルティ プラットフォームに応じて、ボーナス リマインダー フロー、引き換えリマインダーのフロー、VIP 層の到達フローなどを作成し、効果を確認してみてください。 これらのアプローチを組み合わせて、ロイヤルティ プログラムを最大限に活用し、顧客エンゲージメントを高めましょう。明日から実践して効果を確認してみてください! 目次 ロイヤルティ プログラムとメーリングリスト ポイントは繰り返し プロモーションキャンペーン ロイヤルティ特典をCXフローに ロイヤルティ固有のフローに ロイヤルティメールキャンペーンに短いリマインダー 顧客をVIPに まとめ メール マーケティング セグメンテーション 101 1. メール マーケティングのセグメンテーションとは 2. Eメール マーケティングのセグメントの作成を開始する 3. 基本的なEメール マーケティングのセグメンテーション 人口セグメント サイコグラフィックセグメント 地理的セグメンテーション 行動のセグメンテーション 組み合わせメールマーケティングセグメンテーション ロイヤルティ マーケティング オートメーション ガイド 通販・オムニチャネルコマース e コマース ストアのオーナーであれば、ロイヤルティ プログラムについて聞いたことも体験したこともあるはずです。 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_loyalty-marketing-automation-guide

コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第3回

コミュニティマーケティングキャンペーンの計画と実施に関するガイドラインを提供しています。以下は、その主要なポイントです: 目的の定義: ブランドの目的を明確にし、それを基盤としてキャンペーンを開始します。 コンテンツ共同作成: ブランドとコミュニティリーダーが価値あるコンテンツを共同で作成し、メンバーに利益をもたらします。 コンテストとフィードバック: コミュニティ内でコンテストを開催したり、製品のフィードバックを得ることで、ブランドの認知度を高めます。 キャンペーンの追跡: 成功を測定するために、会話の増減やブランドの言及数などの指標を追跡します。 これらの戦略を通じて、ブランドはコミュニティとの関係を深め、メンバーに価値を提供し、最終的には製品やサービスについての会話を促進することができます。 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_community-marketing-campaign-guide-vol3 目次 コミュニティ マーケティングのベスト アイデア コンテンツパートナーシップ コミュニティコンテスト 商品サンプリング 調査研究 リードの獲得 リンクの共有 コミュニティ マーケティングの効果を測定する 1. カテゴリ別の会話の増加 2. ブランド言及の増加 3. ブランドシェアオブボイス(SOV)の増加 4. ブランドに対する肯定的な感情の増加 よくある質問 Reason to believeとはなんですか Share of Voiceとはなんですか 関連コラム コミュニティ マーケティング 101 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_community-marketing-101

コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第2回

コミュニティベースのマーケティング戦略について説明しています。 以下は主なポイントです: コミュニティの選択: 既存のコミュニティとのコラボレーションや、ゼロからコミュニティを構築する方法について説明しています。 ブランドコミュニティの構築: メンバーの意見を聞き、ブランドや商品についてのソーシャルメディアチャネルでの会話を利用してコミュニティを形成する方法を提案しています。 コミュニティ構築戦略: PelotonのFacebookコミュニティの例を挙げ、成功事例を共有するコミュニティの価値について説明しています。 ターゲットユーザーの特定: 商品やサービスに合ったターゲットユーザーを見つけ、彼らが活動するプラットフォームにコミュニティを設置する重要性を強調しています。 これらのポイントは、効果的なコミュニティベースのマーケティング戦略を作成するための基本となります。 目次 コミュニティ マーケティング戦略 まったく新しいブランド コミュニティ 1. コミュニティを作成したいブランドのトピックとカテゴリを特定します 2. 目的を明確にする 3. 対象ユーザーを理解する 4. 適切なプラットフォームを選択する 5. コミュニティを作成して参加を開始する ブランドに最も関連性の高いコミュニティを発見するためのコミュニティ マーケティング 1.キーワードを使用して関連するコミュニティを検索します 2. これらのコミュニティに参加して、メンバーの会話を活用しましょう 3. コミュニティのリーダーにアプローチして、協力の可能性について話し合う よくある質問 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_community-marketing-campaign-guide-vol2

【ライブ配信】薬機法応用セミナー -広告表現事例- 2024年6月19日

大人気の薬機法セミナーを2024年も開催! 化粧品をメインに、薬機法、景表法の違反事例を中心に、NG表現をどのように言い換えれば、薬事に抵触しない表現になるか、 明日から使える実践的な内容をお伝えします! 今年は薬事にかかわる、企業の広告や販促担当の方々向けの内容となっております。 【セミナー内容】 ・NG表現をどう言い換えればOKか?実践に役立つ薬機法セミナー ・明日から即使える実践的な内容のセミナーです。 ・法規制を守りながら売上アップを図れる訴求を考えるよい機会になります。価値ある広告づくりに役立ちます。 ・薬機法、景表法の違反事例を用いて、どのように言い換えればNGではなくなるのか具体的なヒントがたくさん得られます。 【こんな方におススメ】 ・コスメやサプリの広告や販促物を制作している方 ・基本的な知識よりも実践に役立つことを学びたい方 ・商品のセールストークをつくる方 ・コスメやサプリのWebライティング(記事の執筆)をしている方 ・化粧品販売の現場にいる方 【講師】 持田 騎一郎 氏 株式会社RCTジャパン代表取締役社長。 一橋大学法学部卒業。薬機法、景表法、機能性表示食品、医療機器コンサルタント。 機能性表示食品検定協会代表取締役会長。セノリティクス製薬株式会社代表取締役CEO。 薬機法・景表法に関するセミナーを幅広い企業にて多数担当。 現在、月間200社以上の薬事案件をコンサルしている。 【開催日時】 2024年6月19日(水)19:00~21:15 【参加費】 16500円(税込) 【セミナー形式】 ライブ配信 ・Zoomウェビナーにて開催いたします ・開催2日前までに視聴方法をご案内いたします ・開催日までにご自宅へセミナー資料を郵送いたします ———————————————— 利用推奨環境 ・Webブラウザ:Google Chrome、Firefox、Edge ※最新のバージョンをご利用ください ・通信速度:3Mbps以上 ※YouTube等の動画が視聴できれば問題ございません ——————————————————- 【申込期日】 2024年6月12日(水)まで 《申込ページ》 https://cosme-ken.org/event/20240619/ 【注意事項】 ・インターネットからお申込みいただいた場合、確認メールが送信されます。 お申込みをされる前に“info@cosme-ken.org”のドメインを許可していただきますようお願いいたします。 ・事前にお申込みをされていない方はご参加いただけません。 ・入金後の申込完了メールが届かない場合は、セミナー開催日の1週間前までに必ずお問い合わせ下さい。 ・お申し込みの際にご記入いただいた個人情報は同意なく第三者に開示することはありません。 ・お振込み後のキャンセルおよびご返金はいたしかねますのでご了承下さい。 ただし、定員オーバー、開催中止などで参加をお断りする場合を除きます。

コミュニティ マーケティングキャンペーンガイド 第1回

コミュニティマーケティングに関する究極のガイドを提供しており、ブランドマーケティング担当者やCMO、D2C・Eコマース・オムニチャネル企業のマーケティング分野の人々に向けて書かれています。主要なポイントです: コミュニティの意義: 共通の関心事に基づいて人々が集まる安全な空間として定義されています。 コミュニティマーケティング: ブランドと顧客を結びつける目的主導型のマーケティング戦略として説明されています。 ブランドとの関係: コミュニティはブランドが顧客と有意義な関係を築くためのプラットフォームとして機能します。 オーガニックリーチ: コミュニティは高いエンゲージメントを通じてオーガニックリーチを推進する効果的な方法とされています。 コミュニティマーケティングのメリット、戦略、そして実際の事例を探求しています。 また、コミュニティがブランドの成長にどのように貢献するかについても詳しく説明しています。 目次 コミュニティとは コミュニティはインフルエンサー コミュニティやブランド ページとどう違うのか コミュニティマーケティングとは ブランドにとってコミュニティ マーケティングのメリットは 本物の本当の会話 顧客の心の声に耳を傾ける 集中的でより良い顧客サービス 満足度とロイヤルティの向上 新商品のマーケティングが容易 高いオーガニックエンゲージメント イノベーションを推進する 他の販売チャネルと比較して経済的 簡単に維持 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_community-marketing-campaign-guide-vol1

ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その3

ユーザー生成コンテンツ(UGC)の重要性と、それがブランドの認知度と売上向上にどのように貢献するかについて詳しく説明しています。以下は、その主要なポイントです: UGCの定義: UGCは、ブランドのファンやオーディエンスによって作成されたコンテンツで、商品をより良く販売するために使用されます。 マーケティングへの影響: UGCはeコマースストアのコンバージョンを平均15%増加させ、顧客の信頼を築き、コミュニティ感覚を強化します。 コンテンツの活用: ソーシャルメディア投稿、レビュー、写真、ビデオなど、多様なUGCをマーケティング戦略に組み込むことが推奨されています。 戦略的アプローチ: UGCを効果的に収集し、モデレーションする方法と、EメールマーケティングやSNS広告での活用方法が説明されています。 この情報は、UGCを活用してブランド価値を高めたい企業やマーケターにとって有益です。 ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その3 通販・オムニチャネルコマース (fujilogi.net) https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_user-generated-content-guide-3 目次 9. ユーザー生成キャンペーンにおいてユーザー生成コンテンツのモデレーションが重要なのはなぜですか 10. UGC を使用して顧客獲得コストを削減する SNS や Instagram の広告で顧客の写真や動画を使用する 顧客の写真とレビューを使用して販売前の質問に答えます 本物の顧客の写真とビデオを使用して顧客を維持する 11.UGCによる返品率の削減 顧客コンテンツがよりフィット感の高いアイテムを選択するのにどのように役立つか 顧客の期待に応えられなかった 12. UGC ツール: ユーザー生成コンテンツ プラットフォームの利用 ユーザー作成コンテンツの収集方法 まとめ

ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その2

パーソナライゼーションの重要性: 現代のコマースでは、一般的なアプローチではなく、個々の顧客に合わせたパーソナライズされたメッセージが重要です。 Amazonの成功例: Amazonはパーソナライゼーションエンジンを使用して、1日あたり約10億ドルの収益を上げています。 パーソナライズの実践: 訪問者に合わせたコンテンツを提供することで、コンバージョン率を高めることができます。 パーソナライズの方法: ランディングページ、CTA、ヒーロー画像などの要素を顧客のデータに基づいてカスタマイズすることが推奨されています。 これらのポイントは、ウェブサイトのコンテンツを効果的にパーソナライズするためのヒントとして提供されています。 ユーザー生成コンテンツの完全ガイド:UGC-Guide その2 通販・オムニチャネルコマース (fujilogi.net) 目次 5. UGCソーシャルメディア戦略の策定 顧客を無視せずに商品をアピールする ソーシャルを通じてブランドの個性をアピールする ソーシャル チャネルのフォロワーのレベルを把握する ソーシャル チャネルで顧客コンテンツを使用する際の重要なポイント 6. ユーザー作成コンテンツのベスト プラクティス: 重要なヒント 7. 顧客に商品を紹介するコンテンツを投稿してもらう 顧客からより多くのレビューを得る 顧客からより多くのビジュアルコンテンツを獲得する 8. ユーザー生成コンテンツ マーケティングをどこに含めるか Eメールマーケティングキャンペーン SNS広告 https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_user-generated-content-guide-2

ユーザー生成コンテンツの完全ガイド

ユーザー生成コンテンツ(UGC)の重要性と、ブランドがそれをどのように活用してターゲットオーディエンスとのつながりを築き、コンバージョンを増やすことができるかについて説明しています。以下は、その主要なポイントです: UGCの定義: UGCは、ブランドのファンや視聴者によって作成されたコンテンツで、商品販売を促進するために使用されます。1これには、ソーシャルチャネルで共有される写真やビデオ、顧客の声、レビュー、ツイート、ブログ投稿などが含まれます。 ブランドへのメリット: UGCはブランド認知度を高め、顧客の信頼を育み、コミュニティ感覚を強化します。また、コンテンツ制作のコストを削減しながら、投資収益率を大幅に向上させることができます。 マーケティングへの影響: UGCはeコマースストアのコンバージョンを平均15%増加させ、UGC写真はプロフェッショナルコンテンツ(PC)と比較してコンバージョンに至る可能性が5倍高いとされています。 顧客との関係構築: UGCは顧客がブランドについて言っている良いことを増幅し、他の買い物客にとっても人々が商品にどれほど満足しているかを聞く機会を提供します。 信頼の構築: UGCは本物の体験を提供し、顧客の信頼を育む。 効率性: 既存顧客の創造性を活用し、コスト効果的なマーケティング手段となる。 エンゲージメント: UGCはソーシャルコマースと結びつき、ショッピング体験を豊かにする。 ブランドロイヤルティ: UGCは顧客との強固なコミュニティ感覚を築く。 これらの要素は、ブランドがターゲットオーディエンスとのつながりを築き、コンバージョンを増やすために重要です。 目次 1. ユーザー生成コンテンツとは ユーザー生成コンテンツは何に役立つのか ユーザー生成コンテンツが重要なのはなぜですか ユーザー生成コンテンツ マーケティングと従来のマーケティングの比較 2.UGCのメリット 顧客との信頼関係の構築 コンテンツのキュレーションとコンテンツの作成 顧客を中心に置く 信頼性とコミュニティ構築 コスト効率と高いROI 3. さまざまな種類の UGC Instagram と Facebookからの UGC カスタマーレビュー X(Twitter) からの UGC YouTube からの UGC ウィッシュリスト 5. UGCソーシャルメディア戦略の策定 顧客を無視せずに商品をアピールする ソーシャルを通じてブランドの個性をアピールする ソーシャル チャネルのフォロワーのレベルを把握する ソーシャル チャネルで顧客コンテンツを使用する際の重要なポイント 6. ユーザー作成コンテンツのベスト プラクティス: 重要なヒント 7. 顧客に商品を紹介するコンテンツを投稿してもらう 顧客からより多くのレビューを得る 顧客からより多くのビジュアルコンテンツを獲得する 8. ユーザー生成コンテンツ マーケティングをどこに含めるか Eメールマーケティングキャンペーン SNS広告 9. ユーザー生成キャンペーンにおいてユーザー生成コンテンツのモデレーションが重要なのはなぜですか 10. UGC を使用して顧客獲得コストを削減する SNS や Instagram の広告で顧客の写真や動画を使用する 顧客の写真とレビューを使用して販売前の質問に答えます 本物の顧客の写真とビデオを使用して顧客を維持する 11.UGCによる返品率の削減 顧客コンテンツがよりフィット感の高いアイテムを選択するのにどのように役立つか 顧客の期待に応えられなかった 12. UGC ツール: ユーザー生成コンテンツ プラットフォームの利用 ユーザー作成コンテンツの収集方法 まとめ https://fujilogi.net/blogs/voice/tsuhan-omnichannel-commerce_user-generated-content-guide