2024 D2C ビューティブランド オムニチャネル カスタマーエクスペリエンス

ビューティブランド(美容)業界は繁栄を続けています。ビューティ業界が、新しいコミュニケーション方法をどのように使用・活用して、クラインテリング:CLIENTELINGを革新し、他の業界をリードしてきたかを確認していきます。 目次 ビューティ業界とは 顧客の行動トレンド:オムニチャネル化 デジタル化によるパーソナライゼーションとは SephoraのVRアプリケーションは ハイパーパーソナライズされたレコメンデーション ショッパブルストーリー(物語を語り、対話型のコミュニケーションしているということです) パーソナライズされた美容ルーチンとリマインダー 双方向会話クライアンテリング まとめ https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-301_d2c-beauty-brand-omnichannel-customer-experience

【無料オンラインセミナー】共感と愛着×クリーンな効果訴求が 通販化粧品マーケットを制する!

40年に渡り通販業界の広告制作・マーケティングサポートを手がけてきた「株式会社フォー・レディー」と、法律を遵守しつつ“売れる”広告表現を生み出すをモットーに、広告表現に関するコンサルティングを展開している「薬事法広告研究所」が、共同で開催するオンラインセミナー。 「薬機法の規制が厳しく、広告表現に悩んでいる」 「お客様との絆を深めブランドのファンを増やしたい」 「ファン化促進施策に取り組んでいるが成果が出ていない」 そんなお悩みを抱える担当者の方々のために、 これからの通販業界を勝ち抜き、お客様に信頼されるブランドになるためのノウハウと 具体的な事例を2社それぞれの視点から解説します。 ■第一部 14:00~14:45 これからは「商品」ではなく「価値」を売れ! 共感と愛着を生む、新しい「お客様参加型」のススメ 講師:株式会社フォー・レディー 代表取締役 鯉渕登志子 1.今なぜ「お客様参加型」が必要なのか? ・コロナ禍を経て、お客様は変化した ・お客様の推しブランドとなる! ・究極のファン育成方法は「一緒に作る」 ・ペルソナ研究に最適のシステムは、「ペルソナに参加させる」こと 2.「お客様参加型」の活用方法 ・広告塔として/社員教育のご意見番として ・お客様参加型のメニュー/組織づくり 3.お客様参加型の具体事例と運営の注意 ・アンケート ・コメントやお手紙の投稿 ・商品/サービス モニター参加 ・顔出しでの座談会、インタビュー ・セミナーやイベントの開催とそのレポート ・マーケティングのための調査 ■第二部 14:45~15:30 ルールを守りながら『ファンを育てる』 化粧品広告表現の考え方 講師:薬事法広告研究所 代表 稲留万希子 訴求とコンプライアンスを両立させる表現テクニック 1. アンケート 2. コメントやお手紙の投稿 3. モニター参加 4. 座談会、インタビュー 5. セミナーやイベント 6. ステルスマーケティング対策 【セミナー概要】 配信日時:2024年3月14日(木) 14:00~15:30 受講料 :無料 共催  :株式会社フォー・レディー      薬事法広告研究所 (運営 DCアーキテクト株式会社) 【お申し込み・詳細はこちら】 https://bit.ly/3UCkX71

【薬機法・景品表示法】動画研修 受け放題プラン

【新人研修応援キャンペーン】 化粧品、健康食品のビジネスに携わる方は 必ず押さえておきたい薬機法や景品表示法などの広告ルール。 そこでこの度、薬事法広告研究所では 新人研修応援キャンペーンと題し、 「化粧品広告 基礎編」 「健康食品広告 基礎編」 「景品表示法 基礎編」 の3講座が何名様でも受け放題の 「動画研修 受け放題プラン」をご用意いたしました。 通常、1講座あたりお一人様3,000円(税込)の動画が3講座セットになって、 何名様でも一律13万円のオトクなプランです。 薬事法広告研究所の動画研修は、 薬機法と景品表示法の基礎知識を初心者でもわかりやすく学べるため 基盤をしっかり固めたい新人研修にご活用いただけます。 ■「動画研修受け放題プラン」概要 プラン料金:13万円(税込)      *弊社コンサルティングご契約者様は50%オフ 申込期限 :2024年5月31日(金) 12:00まで 視聴期限 :2025年6月30日(月) 対象講座:「化粧品広告 基礎編」  所要時間:1時間31分      「健康食品広告 基礎編」 所要時間:1時間45分      「景品表示法 基礎編」  所要時間:2時間35分 動作環境 :Vimeo 講師   :薬事法広告研究所 代表 稲留万希子 ▼詳細はこちらをご覧ください。 https://bit.ly/3wadCBG

化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー20240220onlineー化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点 輸入代行、OEM委託など 関連する法律の理解と実際の業務運用について

無料参加 zoom開催日:2月20日(火)10時00分~11時30分くらい迄 株式会社アイティエム では定期的に化粧品事業新規参入セミナーを開催しております。 化粧品事業新規参入セミナー20240220online として 2024年2月20日(火曜日)10時00分~11時30分くらい迄 zoomを使用して行います。 化粧品事業への新規参入について ― どのように新規参入するか      薬機法(旧薬事法)の参入障壁をクリアする方法      化粧品を輸入し販売したい、OEM製造で自社ブランドの化粧品を販売したい       倉庫業者さんで化粧品物流の上工程に参入したい      そんな事業をお考えの方へ、新規参入の方法、許可の説明~取得 内 容 :      化粧品事業への新規参入方法について      化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点      化粧品に関係する、許可の説明       (化粧品製造販売業、化粧品製造業の違い)      輸入代行と自社で許可を取る場合の違い      OEM製造業者への委託時の注意      化粧品に関係する、許可の取り方      許可申請に必要な添付資料      FD申請とは      手順書について      化粧品製造販売業の実務など      Q&A      個別相談 受講料 :無料   詳細は下記サイトをご覧ください。 https://cosme-license.tokyo/seminar/

日本ネット経済新聞 取材記事 製造小売企業が、リアル店舗、通販、デジタルコマースを活用して成長するポイント

リアル店舗や通販、ECといった多様な販売チャネルが当たり前となる中で、製造小売業はどのような事業戦略を選択すべきなのか。鍵は「データ」と「顧客体験」にあるが、それを効果的につなげ、具現化するには、システムを整える必要がある。製造小売業がオムニチャネル時代で成長するためのポイントについて、コンサルタントで富士ロジテックホールディングスの顧問を務める吉村典也氏と、東計電算 ecソリューション部 部長 菅沼康洋氏に聞いた。 ――製造業や小売業の事業環境について、どのような課題があるのか。また、それを解決して成長している企業はどのような取り組みをしているのか、お伺いできればと思っています。 続きはこちらから https://netkeizai.com/articles/detail/10544/1/1/1 【プロフィール】 ■東計電算 ecソリューション部 部長 菅沼康洋氏 2001年に東計電算に入社し、お客様とシステムを結びつけるエンジニアとしてのキャリアをスタート。大手配送会社向けのクラウド型送り状発行システムを開発し、500社以上に導入。その後、クライアントのニーズに添って業務範囲を広げ、通販事業者向けのバックオフィスシステムを開発して大手で実施した業務改善ノウハウを中堅・中小向けに構築して提供。近年はオムニチャネル化を進めている製造小売企業の課題を解決するために、バックオフィス機能を活用できる、ECサイトとマーケティングにも力を入れている。2020年に部長に就任。日本一の通販システムを構築し、通販事業者の業務効率改善と売上げ拡大を実現する為、日々奔走している。 <東計電算の事業概要> https://bit.ly/4a0wlif ■富士ロジテックホールディングス 顧問 吉村典也氏 単品・総合通販ビジネス、テレビ通販会社、Eコマース系事業会社、百数十社へのCX業務を設計、運用サービスのパートナーとして、バックオフィスやフルフィルメントセンターの立ち上げ支援、通販基幹システム、コマースシステムの選定サポートなどを行ってきた。最近では、大手健康食品会社の子会社が自社開発した、「通販基幹システム」のセールス・マーケティングサポートを通じて、従来の100億円超え、100億円を目指す、通販企業さんとの数多くの出会いがある。そして、これらの企業が、これからの顧客に対応できる、ビジネスモデルの変化や、それを支えるデジタルトランスフォーメーションに乗り遅れていることに気付かされたという。新しい日本型の通販・コマースシステム、CRMやCXなどを広めたいと考えて、情報発信や、オムニチャネルシステム:CXシステムの設計から導入、運用支援をしている。 <富士ロジテックホールディングスの事業概要> https://bit.ly/3uD01SH

【無料】医薬品医療機器等法基礎講座(厚生労働省後援)2024年2月17日~3月31日

法を守った広告表現や最新の薬機法事例を学ぼう! 薬機法(医薬品医療機器等法)について詳細に解説し、法を守った広告表現や最新の薬機法事例を学ぶ講座を無料開催いたします! ▼セミナー内容 1.医薬品医療機器等法(薬機法)とは? 2.薬機法の目的 3.薬機法の主な規制対象 4.医薬品、医薬部外品、化粧品の定義 5.薬機法の広告規制  5-1.薬機法の課徴金制度  5-2.医薬品等適正広告基準とは?  5-3.化粧品等の適正広告ガイドラインとは? 6. NG広告表現例 7. 手作り化粧品について ▼講師 中田 和人(日本化粧品検定協会 顧問) 大手化粧品メーカーの研究開発・商品企画に26年間従事。 その後経験を活かし合同会社コスメティコスを立ち上げ、化粧品開発コンサルティング、技術アドバイザーとして活動。 ▼受講費 無料 ▼視聴期間 2024年2月17日~3月31日 ▼視聴方法 Web動画 2月17日に視聴方法のご案内メールをお送りいたします。 ▼申込期日 2024年2月12日まで 《申込ページ》 https://cosme-ken.org/page-event/240217/ 【注意事項】 ・インターネットからお申込みいただいた場合、確認メールが送信されます。 お申込みをされる前に“info@cosme-ken.org”のドメインを許可していただきますようお願いいたします。 ・お申し込みの際にご記入いただいた個人情報は同意なく第三者に開示することはありません。

【3/23ライブ配信】コスメを読む(美白化粧品)

コスメを読むシリーズの最新作 大人気!コスメを読むシリーズ最新作のご案内です。 今回は学習教材としてコスメをお届けいたします!! ▼こんな人におすすめ ・今注目の美白成分を知りたい方 ・美容成分について勉強したい方 ・自分に合う美白化粧品の選び方を学びたい方 ▼内容 ・最新の美白成分を学ぶ ・美白化粧品の特徴を読み解く ※内容は変更になる可能性がございます ▼受講費 14850円 ▼開催日時 2024年3月23日 14:00~15:30 ▼視聴方法 ライブ配信 ※視聴方法につきましては、開催日の3営業日前までにご案内いたします。 ▼申込期日 2024年3月13日まで ※お申込みは日本国内の方に限ります。 ▼講師 久光 一誠 《申込ページ》 https://cosme-ken.org/event/20240323/ 【注意事項】 ・インターネットからお申込みいただいた場合、確認メールが送信されます。 お申込みをされる前に“info@cosme-ken.org”のドメインを許可していただきますようお願いいたします。 ・お申し込みの際にご記入いただいた個人情報は同意なく第三者に開示することはありません。

2024 あけましておめでとうございます。 オムニチャネルコマースのチャネル拡大と収益の多様化にむけて

オムニチャネルコマースの展望に寄せて、オムニチャネルコマースの事業者をサポートする富士ロジテックホールディングスです。 デジタルコマース、オムニチャネルコマースの市場は、近年急速に拡大しています。その背景には、消費者の購買行動の多様化や、デジタル技術の進歩などが挙げられます。 2024年も、オムニチャネルコマースの拡大は続くと予想されます。特に、ソーシャルコマースやリ・コマースなどの新たなチャネルと収益モデルが注目されています。 ソーシャルコマースでは、InstagramやTikTokなどのSNSを活用して、商品やサービスを販売する取り組みが活発化しています。 また、リコマースでは、ビンテージだけではなく、自社ブランドの中古品やアウトレット品などを販売するマーケットプレイスが拡大しています。 これらの新しいチャネルを活用することで、コマース事業者は新たな顧客層の開拓や、既存顧客とのエンゲージメントの向上を図ることができます。 富士ロジテックホールディングスは、オムニチャネルコマースの成功に向けた取り組みをサポートしてまいります。 2024年も、事業者の皆様のご成功に貢献できるよう、尽力してまいります。 本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。 重点テーマ ソーシャルコマースの拡大 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-312#toc-2 ソーシャルコマース時代のインスタグラマー・クリエーターがコマースをするトレンド インスタグラマー・クリエーターがコマースをする際に注意すべきこと リコマースの成長 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-312#toc-6 リコマース、自社商品の再販売でデジタル・オムニチャネルコマースとしてのトレンド 自社商品の再販売でリコマースを行う際のメリット リコマース、自社商品の再販売のサポートする方法 オムニチャネルコマースの成功に向けた取り組み 2024年も情報をお届けしていきます。 https://fujilogi.net/blogs/voice/fujilogi-voice-312

化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー20240122onlineー化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点 輸入代行、OEM委託など 関連する法律の理解と実際の業務運用について

無料参加 zoom開催日:1月22日(月)10時00分~11時30分くらい迄 株式会社アイティエム では定期的に化粧品事業新規参入セミナーを開催しております。 化粧品事業新規参入セミナー20240122online として 2024年1月22日(月曜日)10時00分~11時30分くらい迄 zoomを使用して行います。 化粧品事業への新規参入について ― どのように新規参入するか      薬機法(旧薬事法)の参入障壁をクリアする方法      化粧品を輸入し販売したい、OEM製造で自社ブランドの化粧品を販売したい       倉庫業者さんで化粧品物流の上工程に参入したい      そんな事業をお考えの方へ、新規参入の方法、許可の説明~取得 内 容 :      化粧品事業への新規参入方法について      化粧品関連事業への新規参入の進め方と留意点      化粧品に関係する、許可の説明       (化粧品製造販売業、化粧品製造業の違い)      輸入代行と自社で許可を取る場合の違い      OEM製造業者への委託時の注意      化粧品に関係する、許可の取り方      許可申請に必要な添付資料      FD申請とは      手順書について      化粧品製造販売業の実務など      Q&A      個別相談 受講料 :無料   詳細は下記サイトをご覧ください。 https://cosme-license.tokyo/seminar/

連載のまとめ:地域の製造小売業が成長するには?【第4回】  コマースピック掲載

これまでのコラムで、地域の製造小売ビジネスが成長するために必要なステップとして、次の3つを解説してきました。 ステップ1:リアル店舗の顧客データを活用して再成長 ステップ2:通信販売(ダイレクトマーケティング)への拡張 ステップ3:デジタルコマース・マーケットプレイスへと拡大 しかし、大前提として、地域で支持、共感される商品と事業がないと始まりません。地域で成長できない事業(顧客にとっての商品とサービス)が日本全国を対象としたデジタルコマースで成功するのかというと、難しいでしょう。 この記事の目次 1 D2Cブームは去った今がチャンス 2 地域で支持、共感されない商品と事業が、他の地域/チャネルで支持されることはない 3 製造小売企業にとってのオムニチャネルシステムに必要な機能とは マルチチャネル販売・在庫機能 マーケティング&コミュニケーションとの連携機能 レポート分析システムとの連携機能 モバイルアプリとの連携機能 POSとの連携機能 https://www.commercepick.com/archives/44909 東計電算さんにご協力いただきました。 通販に関わる全ての業務を一元管理できる通販管理システム ... e-shop.co.jp https://www.e-shop.co.jp 各種モール、ECサイト、電話・カタログからの受注・出荷・在庫・発送照会など全てを一元管理できます.

[第一回]化粧品OEMにおける容器の調達リードタイムについて解説します(BAY COSMETICS)

こんにちは。BAYCOSMETICSです。化粧品OEMを初めてされる方や、今後商品開発を社内で担当される方に向けて容器のリードタイムがいかに重要かというお話です。 化粧品ブランドを立ち上げる時に、発売日の設定や進行管理をされると思いますが、そのスケジュールに大きく関係するのが「化粧品容器のリードタイム」です。 容器は発注から3カ月~4カ月かかることがほとんどで業界ではこれが当たり前になっています。この原因はなぜか?これは容器の製造行程が複雑で多くの下請け業者がいることで成り立つ仕組みになっているからです。 しかし弊社ではこの仕組みを解決するべく「リードタイム1カ月」という業界では最速の容器製造ができる仕組みを作っています。容器のリードタイムにお悩みの方、今後化粧品を作っていくが何から始めたらいいのかわからない方はぜひご連絡ください。個別にセミナーも開催可能です。 https://baycosme.com/contact

「化粧品事業新規参入セミナー」1月からの開催スケジュールと運用サポート有料会員2024年会員募集

株式会社アイティエム ●「化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー」の2024年1月からの開催スケジュールを公開しました  ●2024年有料サポート会員募集を開始しました 運用サポート有料会員 詳細については 「化粧品製造販売業許可取得など新規参入セミナー」開催スケジュールについては https://cosme-license.tokyo/seminar2024/ 2024年有料サポート会員募集については https://cosme-medicaldevice.com/%e6%9c%89%e6%96%99%e4%bc%9a%e5%93%a1/ をご覧ください。